【体験談】不育症検査の結果は・・?

こんにちは。ぴぴ(@komameh)です。

私は1人目を出産するまでに3回の流産を経験した不育症です。

現在流産をして辛い思いをされている方の参考になれば良いなぁ・・と思い、
私が1人目を出産するまでに受けた検査や治療の体験談を書いています。

不育症検査の結果

不育症のリスク因子

まずは不育症のリスク因子を見てみましょう。
偶発的流産・リスク因子不明が大半を占めていますね。

正直、リスク因子が分かればラッキーくらいに思ってました。

http://fuiku.jp/fuiku/risk.html

そして検査の結果、私は凝固第Ⅻ因子欠乏症であることが分かりました。

凝固第Ⅻ因子欠乏とは・・

血液凝固因子の1つであり、欠乏すると血栓や流産を引き起こしやすいといわれています。

しかし、第Ⅻ因子がなくても流産しないことがあり、第Ⅻ因子欠乏症と流産の関係については不明な点が多いのが現状です。

ぴぴのアイコン画像ぴぴ

流産の原因ではない?それって結局のところリスク因子不明ってこと?

医師曰く、私が検査項目で引っかかったのは第Ⅻ因子の1つだけだったので流産の原因になっている可能性が高いそうです。

他にも検査の結果、AMH(抗ミュラー管ホルモン)の値が低いことが分かりました。

AMH(抗ミュラー管ホルモン)とは・・

発育過程にある未熟な卵胞から分泌されるホルモンで、女性の卵巣に残っている卵子の数を知る指標になります。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の人は卵巣に卵子が多数存在するので高値を示します。

https://kamiyaclinic.com/

医療法人社団 神谷レディースクリニック

私の場合、検査当時は27歳でしたが1.71ng/mLしかありませんでした。

表を見ると中央値は4.77ng/mLです。愕然としました・・。
数字として見えると、現実を突きつけられる感じがしてショックですよね。

しかし、AMHは卵子の数であり、質の良し悪しではありませんよ!

卵子が少なくても、質の良い卵子があれば妊娠はできます。
卵子が多くても、質が悪いと妊娠しないか、妊娠しても流産してしまいます。

ぴぴのアイコン画像ぴぴ

私の場合は妊娠自体はタイミング法でできるから、卵子の質が悪いってことだよね?
卵子の質は年齢と生活習慣で決まる訳だけど・・心当たりありすぎ。笑

※卵子の質は、年齢・生活習慣(運動習慣、食生活、体重因子、睡眠リズム、ストレス、冷え、喫煙、飲酒)などによって決まります。

この日を境に、妊活ご飯やヘルシーメニューを調べて食生活には気を遣うようになりました。(遅い?)
昔から冷え性だったり、普段運動不足だったり、思い当たる節がたくさんありましたからね。

今後の治療方針

リスク因子に応じた治療法

内分泌異常(糖尿病、甲状腺機能異常)の場合:薬物療法。まずは内科の治療が必要です。

子宮形態異常の場合:先天的な子宮奇形や子宮内腔を変形させる子宮筋腫などがある場合には必要に応じて手術を行います。

抗リン脂質抗体陽性や第Ⅻ因子欠乏やプロテインS欠乏の場合:低用量アスピリンの内服やヘパリン注射などによる抗血栓療法を行うことで流産率の減少が期待できます。(私はこれ!)

ぴぴのアイコン画像ぴぴ

私の治療方針も決まったよ。なんとなくのリスク因子も分かったことだし、先生(担当医)を信じて頑張るしかない!

今後の治療方針

・医師によるタイミング指導
・排卵誘発剤を内服、注射
・黄体ホルモン剤を服用
・エストロゲン製剤の内服または外用
・フーナーテスト

ざっと、こんな感じです。


私が通院していたCL(不妊症・不育症専門クリニック)では、基礎体温表が配布されました。

基礎体温を毎日記録して通院日に持参します。
医師がタイミングをとる日や、薬の内服開始日を記入してくれるので、とても大切な用紙です。


そして、医師の勧めにより夫も検査を受けることになりました。
(当たり前ですよね、女性だけが原因とは限らないのですから)

男性側の検査については、また後ほど更新していきますね。

まとめ

不育症のリスク因子が分かったことで、ようやくスタートラインに立てた気がします。

余談ですが、この頃の私はツイッターに大変お世話になってました。(今もですが・・笑)

不育症専用アカウントを作って情報交換していたのですが、同じリスク因子の人でも通院している病院によって治療方針が違うんですよね。
もちろん同じ悩みを抱えている者同士なので、仲間意識があり心強かったりもします。

不育症ってリアルの友達にはなかなか相談できないので、専用アカウントを作るのはおすすめですよ〜!

ぴぴのアイコン画像ぴぴ

次回は通院編に入ります。
引き続き、マイペースな更新になりますがよろしくお願いします\(·o·)/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

未就学児2人を育てるアラサー専業主婦が
育児や知育、資産運用について書いています。

コメント

コメントする

CAPTCHA